1. TOP
  2. 漫画
  3. 3月のライオンを必読漫画と断言する7つの理由

3月のライオンを必読漫画と断言する7つの理由

 2016/12/24 漫画   2,981 Views
3月のライオンの山崎順慶五段

いきなり鼻息荒く書いちゃうけど

「大人の男なら”3月のライオン”の漫画は絶対に一読しておくべき」

と強く強く猛プッシュします。
(何ならアニメでもいいけど)

・個人的な漫画ランキング不動の1位

をここ何年キープしているってこともあるんですが、

「大人の男なら絶対に読むべき」

ってポイントがいくつもあるんですね。
その中でも特に大人の男におすすめすべき理由を7つにまとめたので、気になる人は読んでみてください。

その前に・・・

◆ ”3月のライオンの作品紹介やあらすじ”など

一応、この作品について全く知らない人の為に簡単な作品紹介とあらすじなどを。

まず、3月のライオンの著者は羽海野チカさん。
”ハチミツとクローバー(ハチクロ)”の著者さんでも有名な人ですね。

※ハチクロを知らない。そんでもって気になるって方はwikiのページを見てみるといいので一応紹介しておきます。

ハチミツとクローバーのwiki説明ページ

このハチクロのイメージもあって、今回の作品も

「少女マンガの要素が強い、ふわっとした漫画なんじゃないの?」

って思ってる人も多いみたいだけど、それはぜんぜん違います!!

恋愛要素はゼロってわけじゃないけど、あまり重視されておらず物語の主軸となるメインテーマは大きく分けて2つ。
※これ、私の解釈ね。一応。

・天才と呼ばれる高校生プロ棋士(将棋のプロ)である、主人公桐山零を中心に織りなす、”プロの世界で戦う男たち”の静かで熱い戦い。

その戦いを通じての成長物語・主人公である桐山零が”とあるキッカケ”で通うようになった川本家の”あかりさん”や”ひなた(ヒナちゃん)”。

そして、桐山くんが父の死後に内弟子として引き取られた”幸田家”を中心にした家族に起きる様々な問題を乗り越える物語

を主軸に描かれてます。

まあ、詳しいあらすじを知りたい人はウィキペディアでも見てもらえたらと。

ウィキペディアでの3月のライオン説明ページ

ちなみに、将棋のルールを知らなくてもこの漫画は楽しめるのでご安心を。

では、改めて大人の男には是非見て欲しい7つの理由をお伝えします。

【理由その1】:どのキャラの立場からも学びや気付きが得られる

この3月のライオンって作品はとにかく出てくるキャラが個性豊か!

それも単に際立ってるとか奇抜なだけじゃなく、かっこいい部分もカッコ悪い部分も自分たちの実生活の中での気づきや学びを得られます。

例えば、主人公の桐山零くんと彼が通う高校の元担任の林田先生の関係。

零くんが学校で抱える悩みや葛藤で共感出来る部分があるときは林田先生の語る言葉に気づきや勇気をもらえたり。

逆に、自分が零くんのような、社交性の低い子供を持つ親なら林田先生の目線で物語を読むと自分の子供に対しての接し方の参考になったりも。

他にも桐山くんが途中から通うようになる、研究会の島田開八段と零くんの関係も将棋を通して抱える葛藤を”乗り越える側”と”見守る側”でいろんな気づきや学びを得られます。

また、上に書いたようなタテの関係だけでなく

・桐山くんと、終生のライバル(?)である二海堂晴信

・羽生名人のような天才棋士である宗谷冬司名人と彼と同期ながらもタイトルに恵まれず。でも天才に努力で果敢に挑む島田開八段

のような、ライバル同士の横の関係からも自分が共感出来る側の立ち位置から見ていくと
本当にいろんな気付きや学びが得られる。

ここに紹介したキャラクターはごく一部。
この作品のキャラクターは1~2話限りのチョイ役ですら魅力的な人が多いのであなたが入り込めるキャラを是非見つけてその視点から物語を見てほしいですね。

【理由その2】:川本家ら、登場する様々な家族を通じて
親や兄弟としての”家族の守り方”が学べる

主人公である桐山零くんがご飯を食べに通う川本家。
その3姉妹の長女あかりさん、次女ひなちゃん。そして3女のモモちゃん。

一見ほのぼのと幸せな日々を送ってる姉妹に起きてくる心に抱えた葛藤や予期せぬトラブル。

この3月のライオンって作品は全くのフィクションなんだけど、この漫画で起きる事って全てが生々しく、特にこの川本家に起きる事は家族を持つ親なら共感出来ることが多いハズ。

詳しくは漫画のネタバレになるから書かないけど、特に”ひなちゃんの身にふりかかってくるイジメ問題”の時はすごく心が締め付けられるような生々しさを感じたし

・ひなちゃんの選んだイジメた人たちへの答え

には正直読む度に涙してしまうほど、心が震えてしまう。

(このシーンでのひなちゃんの表情。文章表現だけではあそこまで心が震えなかった漫画でしか表現できない凄み。ぜひ一読してほしいです)

フィクションの家族のはずなのに、そうとは感じさせない。
そして、あまりに生々しい問題に、それに対する一つの答え。

家族を持つ大人。家族を持とうとしている大人なら、このストーリーで語られる考えは参考意見として持っておくべきじゃないかな。

あとは、川本家じゃないけど零くんが内弟子として住んでいた幸田家の話が単行本12巻が最新刊という段階ではあまり出てこなくなってるけど

・長女の香子と零くんの師匠でもある父親(幸田柾近八段)
香子の不倫相手であり父の兄弟弟子もである後藤正宗九段の関係

なんかは香子も後藤も強烈なキャラクターを持ってるから今後絶対に描かれる気がしてる。

こういったある種ドロドロな関係性を生々しく。でも、ある種清々しい回答を導き出して
くれるだろうからきっと学びにもなってくるはずですよ。

他にも、あまり目立たないけど一つの大人になった息子を持つ親のあり方を示してくれる土橋家のご両親。

放蕩すぎる夫を激しくも優しく見守ってる藤本家。

・戦う家族
・見守る家族
・突き放す家族
・見捨てる家族

まあ、ホント漫画的なデフォルメはいれつつも現実感を感じさせてくれる凄い作品だからこその気づきですねーー。

【理由その3】:自分の心に青白い炎を灯すことが出来る

この3月のライオンという作品は全体を通じてONE PIECEやドラゴンボールのような

・少年漫画的な熱さ

ってのはほぼ無い。あるとすれば。
零くんのライバル棋士である二海堂晴信四段。

そして、序盤に桐山零くんと戦ってからめっきり目立たないキャラになってしまった
松本一砂五段が登場するときくらいかな?

とはいえ、それでもコミカルな熱さを情熱っぽく見せてるだけだしね。

そういう感じで、少年誌っぽい熱さはない。
無いんだけど、もの凄い悔しさや挫折感を感じながら。もがき苦しみながらも

「それでも前へ」

という気持ちで己自身を鼓舞していく姿は、少年漫画では湧き上がってこないもっと心の奥深い部分からメラメラと燃えたぎってくるものがあります。

この燃えたぎる心の炎は見た目が派手な烈火の炎ではなく、

・目には見えづらいけど、実は赤い炎よりもはるかに高温で燃えたぎっている青白い炎

として灯すことが出来るんですよね~。不思議と。
仕事やプライベートで壁にぶつかった時。
何とは言えないけどやる気がどうしても起きない時。

そんな時に、この漫画をちょっと読み返すと、消えかかった炎に再び薪をくべることが出来るのですごくいいですよ。

余談だけど・・・

個人的には、主人公の桐山零くんや二海堂くんが出してくる熱さもいいけど島田八段の表に出さない熱を見た時に心がぐっときます。

(島田八段が普段表に出さない狂気の表情なんて男惚れします!)

宗谷名人と戦う一局の話はマジおすすめですよ!

【理由その4】:生々しさのある”モデルにすべきカッコイイ大人”がたくさんいる

この3月のライオンという漫画が魅力的な最大の要因なんだろうけど、とにかく登場する大人たちがカッコイイ!

それもフィクション的なカッコよさではなく

「あ、こんな人実際にもいるんだろうな・・・」
「こういう大人なら目指せるんじゃないかな・・・」

って思わせてくれる、”リアリティのあるカッコよさ”をもつ魅力的なキャラクターが満載なんですね。

個人的にはすんごい病弱で周りに迷惑もかけてるし、見た目も地味。同期の天才である宗谷名人との才能の差を100%理解しながらもそれでも前に進むことを辞めない島田八段。

彼が一番カッコイイと思ってる。ネタバレになるから書かないけど、彼の地元愛、郷土愛が
すんごく素敵なんですよ。

そして、心から振り絞ったセリフの数々も名言揃い。ぜひ、島田八段は見て欲しい!

他にも、普段は熱さとは無関係。後輩棋士たちをひょうひょうと煙に巻きつつ、のらりくらりと棋匠のタイトルを維持し続けてる朔ちゃんこと柳原朔太郎棋匠。

別に好きでもなんでもないキャラだったけど、私が大好きな島田八段との棋匠のタイトル戦で見せた

・どんなにボロボロになってもタイトルを手放さない理由

が分かった話では

「普段はイヤなはずのシガラミが力に変わる瞬間ってのがあるんだ!」

とめっちゃ感動。
※詳しくはネタバレになるので、気になる人は漫画読んでね

一気にカッコイイ大人ランキング急上昇ですよ。
また、別の理由を書いたところでも言ったけど零くんの学校の元担任である林田先生。

この人も普段は優柔不断で頼りがいをあまり感じない普通の高校教師。

だけど、心の葛藤を言葉にすることが苦手な零くんにそっと寄り添い、押し付けがましさを一切出さずに心に響くアドバイスが出来るところ。

一見空気が読めてないふりをして(実際に読めてない?w)
あえて零くんが踏み込んでほしくない領域に踏み込んで熱い言葉を発するところ。

まあ、滅多に見せないカッコよさだけど、だからこそリアリティのあるカッコよさで言えば
一番なのかもしれないのがこの林田先生ですね。

他にもチョイ役なんだけど、何気に好きだしカッコイイと思えるのが山崎順慶五段。

(出典:『3月のライオン』)

うん。。。見た目は超怖いw

 

序盤は二階堂くんの病状を悪化させる原因を作る悪役的な立ち位置で登場するんだけど、

・天才達を超えられないからこその努力と葛藤

を見せる心理描写がたまらない。
この漫画で名言は数あれど私が一番好きな名言を吐くのは何を隠そうこの山崎五段です。
(名言内容については、また後述します)

私が一番好きな島田八段も若き日は山崎五段のような思いを宗谷名人に対して
抱いてたのかな・・・

そんな思いもはせてしまう、チョイ役で終わらしてほしくないキャラクター。

もう一人だけチョイ役だけどカッコイイ大人がひなちゃんの学校の学年主任をやってる国分先生。

いじめ問題が出てきた時にイジメグループ。
そして、モンスターペアレントに対しての発言や姿勢がマジでカッコイイ。

自分の教師としての限界を自覚もしている。
だけど、それでも出来ることをやるしかない。

そういった、ある種の諦めのカッコよさをこの国分先生からは感じられるんですよね。
個人的におすすめできるカッコイイ大人キャラを何名か書いたけど、他にもカッコイイ大人はいっぱい。

そして、そういった大人をキャラ立てるために出て来る反面教師的な。でも実際にいるであろう

「こんな大人には成り下がりたくない!」

って思えるような大人もいっぱい。

ひなちゃんをイジメてた女の子の親とか、それこそ川本家を捨て去ったあかりさん達3姉妹のお父さんとか。

ぜひ、この漫画をすぐに手にとって頂き、あなたが目指すべきカッコイイ大人のモデルになる人。
こうは成りたくないと思える反面教師。

見つけて欲しいです。

【理由その5】:大人の男の心に刺さる名言が激アツ

この3月のライオンという漫画では、全体を通してグッとくるものはあるけど一方で

名言と呼ぶべき、短い言葉で一気に引き込む場面が多い。

もっと言えば、漫画のコマ割りでの見せ方が本当に上手い。
(漫画家じゃない私が偉そうに言うのもお恥ずかしいですが)

個人的に大好きな名言をいくつか紹介させてもらうと一番好きなのは先ほどのかっこいい大人のところで紹介した山崎順慶五段が言った以下のセリフ。

「信じれば夢は叶う」

それは多分 本当だ

但し 一文が抜けている

「信じて努力を続ければ夢を叶う」

ーーこれが 正解だ。

さらに言えば

信じて「他のライバルよりも1時間長く毎日 努力を続ければ ある程度迄の夢は、かなりの確率で」叶うーーだ

キャッチコピーというものは 短い方がいい

ーーでも これは あまりにも はしょり過ぎだと思う

(出典:『3月のライオン』)

どう??めっちゃグッと来ません??

このセリフを目にするまでは

「信じれば夢は叶う」

みたいな言葉って、薄っぺらくて大嫌いだったんですね。
ですが、山崎五段が語るこのセリフを見てはしょられた(であろう)背景の言葉を知り
大好きになりました。

今でも、この言葉を定期的に読み返しては

「ある程度の夢を叶えるための努力を
続けなければ!」

と自分に言い聞かせてます。

も一つ紹介すると、桐山零くんの元担任の林田先生がなんでも一人で解決しようとする零くんに向けて発した一言。

一人じゃどうにもならなくなったら誰かに頼れ

でないと実は

誰もお前に頼れないんだ
誰かに頼るってことの大切さは分かってたつもりだけど
自分が人を頼らないと

・実は誰にも頼ってもらえない
(出典:『3月のライオン』)

って気づかせてくれた本当に素敵な名言。
個人的には至言と言ってもいいレベルで好きなセリフ。

何か自分ひとりでは解決できない困難にぶつかった時にはこのセリフを思い出しながら。

「頼られる男になろう」

って考えながら、人に思いっきり頼るようにしています。
最後に私が一番好きな島田八段の名言。

どんなに登りつめても決してゆるまず

自分を過信することがない。

だから差は縮まらない。どこまで行っても

しかし「縮まらないから」といって

それが オレが進まない理由にはならん

「抜けない事があきらか」だからって

オレが「努力しなくていい」って事にはならない
(出典:『3月のライオン』)

常に、天才宗谷名人に挑み続ける努力の人だからこそ発することの出来るグッとくる島田八段の名言。

同期というだけで周りから宗谷名人との才能の差で陰口を叩かれてることも知ってる。

そして、その差を何よりも自分自身が自覚している。
でも、それでもたゆまぬ努力をし続けるその行動の源泉が見えてくるこのセリフ。

オレ自身、自分が凡人だと自覚してるからこそこの人のセリフの一つ一つに共感するし中でもこのセリフのカッコよさったら・・・。

しびれまくりです♪

ここで紹介したのは本当にごくごく一部だから、これを読んでるあなたの心に刺さる大人の名言。

是非見つけてほしいです!!

【理由その6】:いろんな”父親モデル”を知ることができる

”大人の男が読むべき”ってテーマで書いてるから、これも3月のライオンを読んで欲しい理由に挙げたいんだけどいろんな事情を抱えた家族が存在します。

今のところメインの出番がある家族としては

・”将棋の家”に生まれ育ったために家族バラバラになった幸田家
・父親に捨てられ。それでも日々を幸せに生きている川本家
・父親である藤本雷堂棋竜がキャバ嬢に入れあげて、離婚しようとしている
藤本家

って感じ。

上記3家族の説明を読んで、察しのいい人は気づいたかもしれないけど、この作品に登場する3つの家族。

どの家族も父親としてはダメな人たちばかりなんですね。

大人としては魅力的な人だらけのこの作品において、父親として魅力的な人が一切出てこないのもこの作品の特徴。

だけど、一方で実の父親ではないけれど”父親的な視点”から子どもたちを見守ってる大人たちはたくさんいて、その見守り方は素敵なんですよね。

・ダメな実父たちと、魅力ある父親的な大人たち

こういう対比をおそらく計算して漫画の中では作ってるんだろうけど、

「こんな親父として子供に接しちゃダメだ」

とか

「こういう親としての見守り方もあるんだな」

とか。いろいろ父親として学べる部分は多い漫画ですよ。
余談というか、この理由を書いてる時に思ったけど3月のライオンに出てくる女性たちも
すごく魅力的。

「将来持つならこんな嫁がいいなぁ・・・」

って思ってる独身男性は、求める奥さん像のモデル探しとして
このマンガを読んでもいいかもですね。

個人的にこの作品に出てくる一番ステキな奥さんは藤本雷堂棋竜の奥さんではと。

若いキャバ嬢に入れあげてる情けない旦那の姿にも、みっともないと周りに言われても
負けない為に最後の足搔きを見せてる姿にも。

一切の同様を見せずに、どんと構えてる姿。
まさに理想の奥さん像ではないかと。

ま、理想だけどやっぱり怖そうだけどw

【理由その7】:川本家のあかりさんマジ天使w

あかりさん

(出典:『3月のライオン』)
いろいろ大人の男性へのおすすめ理由は書いたけど、一番のおすすめポイントは何といってもここ!!

この作品のヒロインの一人である川本家の長女あかりさん。

いや~~、マジで天使w
読んでるだけでめっちゃ癒やされます。

主人公である桐山零くんのガリガリの体型をフクフクにしつつ、心のケアもしていく包容力。

早くにして無くなった母親代わりになって、もう一人のヒロインである次女のひなちゃんや三女のモモちゃんのお世話をしていく母性溢れる姿。

そうかと思えば、叔母が経営する銀座のクラブでホステスとしてお手伝いをし、手練手管のおっさんやおじいちゃんたちをいなしつつ。

彼らのグチや悩みを聞いてあげて心の疲れを解きほぐしていく姿。

いや~~・・・、あかりさんマジ天使w

もし、あの銀座のお店とあかりさんが実在するならお店に通い詰める自信があります。

ま、お金が持ちそうにないけど(苦笑)

さっき理想の奥さんは藤本雷堂棋竜の奥さんはって書いたばかりだけど、単純に男の理想を求めるならまさにあかりさんこそ”オレの嫁”といいたくなる人。
日々戦う大人の男には癒やしはいるでしょ?

3月のライオンに出てくるあかりさん。
癒やし効果抜群ですよ!
・・・とまあ、大人の男なら絶対に読んでほしいと断言する7つの理由を書いてみました。

すでに3月のライオンを愛読してる方は、多少なりとも共感してくれる部分はありました?

まだ未読のあなた。
これから漫画、もしくはアニメを見ようとちょっとでも興味を持ってくれました??

「なんとなくこの作品に興味をもったけど、公式サイトとか見てみたいな」

と思ったなら、以下に公式サイトのリンクを貼っておくのでご覧になってみてください。

3月のライオン 公式サイト

この記事を書いてる現在ではまだ始まってないけど、実写映画化も決まってるからその続報なんかも紹介されてますよ。

実写映画の桐山零役が神木隆之介ってはまり役過ぎでしょ!
基本、アニメの実写化なんて、碌な結果にならないですが、この作品は漫画自体がリアリティがあるので案外成功するんじゃ?

って思ってます。出演する俳優陣も実力派が多いですしね。

・・・って、話がそれた(汗)

映像で作品の雰囲気を感じたい人はアニメ宣伝のPVがおすすめかな?

YouTubeにアップされてるのを紹介しておくので興味ある方はご覧になってみてはと。

今すぐ漫画を読もう!
と思ってくれた方は是非その熱い気持ちを持ってるウチに手にしてくださいね。

3月のライオンの1巻はコチラから

一応、この記事を書いてる時点ではHuluでアニメも見放題みたいなのでチェックしてみては?

3月のライオンをアニメで見たい方はコチラから

\ SNSでシェアしよう! /

”けーふ”の脳内部屋の注目記事を受け取ろう

3月のライオンの山崎順慶五段

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

”けーふ”の脳内部屋の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

けーふ

この人が書いた記事  記事一覧

  • 人気漫画:キングダムの魅力を今更ながら語ってみる

  • 3月のライオンを必読漫画と断言する7つの理由

  • 自己紹介とブログの目的など

関連記事

  • 人気漫画:キングダムの魅力を今更ながら語ってみる